葬儀・お葬式・法事・法要・遺品整理は
「ラストコンシェルジュへ」1都3県(東京都、千葉、神奈川、埼玉)対応

葬儀の流れ・手順

葬儀の流れ・手順

葬儀は亡くなった大切なご家族を弔い、送る重要な儀式です。ご遺族の深い悲しみの中で執り行われます。しかし、死別直後で心癒される間もなく、なれない事柄を決定していく作業は、たいへんな負担になります。
ここでは一般的な葬儀の流れ・手順をご紹介し、お葬式準備にお役立ていただければ幸いです。
※下記の流れは一例になります。葬儀社や地域によって内容は異なります

ご家族やご友人がお亡くなりになられた際は、コールセンターへご連絡ください。深夜・早朝であっても電話1本ですぐにお伺いし、必要な手配、ご案内をいたします。ご遺族のご要望にあった葬儀ができるよう、真心を込めてご対応いたします。

病院等でお亡くなりになられた場合は搬送車でお迎えにあがり、ご自宅もしくは、安置施設(霊安室)までご搬送をします。搬送手続きの前に必ずご安置場所をご指定ください。ご安置の場所として、ご自宅に安置することができない場合でも、お葬式特約店葬儀社が安置室を確保いたしますのでご安心ください。また、ご遺体の搬送には「死亡診断書」の携行が義務付けられていますので病院よりお受け取りください。

「ラストコンシェルジュ」では全てのセットプランに搬送料金(50km以内)が含まれています。 ※医師より「死亡診断書」をお受け取りください

故人様を清潔な布団に寝かせ、ご遺体を「北枕」といって頭を北にして仏間か座敷にご安置します。間取り関係で北向きに寝かせられない場合、西向きにしても構いません。枕飾りは葬儀社で設置します。

「ラストコンシェルジュ」では全てのセットプランに、枕飾りや線香、ローソク、ドライアイス、お棺、ご遺影写真などお葬式に必要なものが含まれています。

ご葬家とのお話し合いの上、葬儀内容の詳細を打合せします。
「ラストコンシェルジュ」では「総額見積り」を出しておりますので、ご納得いただいたうえでお葬式を執り行います。品質面におきましては、厳しい品質基準に基づき、合格した特約店が執り行いますのでご安心ください。

納棺の儀式は、ご遺族または親族の癒しの儀式として重要な場面になります。通夜式の前にご親族にお集まりいただいて、故人様の「旅支度」に立ち会います。
「ラストコンシェルジュ」では、全てのセットプランで納棺の儀式を執り行っております。納棺の儀式として故人様の最後のお世話を、ご遺族皆さまに厳粛な気持ちで執り行っていただきます。
※首都圏ではご安置施設により「納棺の儀式」が執り行えない場合がございます

通夜は、ご遺族や故人様と親しかった人たちが、故人様との別れを惜しみながら、一緒に過ごす最後の時間です。かつては、夜を徹して故人様の枕元に付き添っていたものでした。しかし最近では、夏は夜の7時、冬は6時くらいから弔問客を迎え、1〜2時間程度営むケースが多くなっています。また閉式をした後に、通夜振るまいのお席で会葬者の方々とお食事する場合もございます。

本来は、葬儀式(宗教儀礼)と告別式(社会儀礼)に分割されていたものが、時代の流れに伴って変化をし、一般的な「葬儀ならびに告別式」という形式になってきました。
「ラストコンシェルジュ」ではご遺族の負担を軽減するための運営管理スタッフ、司会進行や火葬場案内など、お葬式に必要なものが含まれております。また、お寺さまとお付き合いのない方には、寺院をご紹介いたします。

ご遺族、親族にとって故人様との最後のひとときです。お別れの儀が終了したところで、喪主または親族代表より参列者の皆さまへ御礼の挨拶をします。その後、火葬場へ向けて出棺となります。
告別式終了時の喪主または親族代表による挨拶例文はこちら
「ラストコンシェルジュ」では、故人様と最後にしっかりお別れをしていただきたいという考えに基づき「お別れの儀式」を執り行っております。

火葬場についたら、故人様との最後の対面をした後、喪主からご遺族・親族と関係が深い順に焼香し、納めの式を行います。休憩室で約1時間ほど休息をしてお骨上げを待ちます。
※告別式の前に火葬を行う地域があります。

初七日法要は、亡くなられた日から七日目(亡くなった日も含める)に行う法要ですが、現在では、当日に初七日法要も一緒に行う地域が多いいようです。関東では告別式後すぐにおこなう式中初七日法要、関西では火葬後におこなう初七日法要が一般的です。
また、最後までお付き合いいただいた方へ精進落としの席を設ける場合もあります。

ご納骨までの間「ご遺骨」「位牌」「遺影写真」を後飾りの祭壇にご安置します。七七日忌(四十九日)までに黒塗りの位牌、お礼状、香典返し(即返しの場合は不要)のご用意をします。
※宗派によって異なります。

葬儀の後、自宅に安置していた遺骨を墓に納めることを納骨といいます。
また、人の死後四十九日間は中有 (ちゅうう)に迷っているため、死者のために追善供養をして冥福を祈り、死者が果報を得て成仏するように、初七日から七日ごとに供養する習慣があります。特に四十九日の法要は重要な儀式とされ、家族や親戚などが集まって盛大に行われることが多いです。※宗派によって異なります。

ご要望に応じまして、お墓、位牌、お仏壇、相続税、遺品整理、香典返しなどの相談もコールセンターで承ります。

ラストコンシェルジュでは明細と総額がわかる見積書を事前にご提示し、
担当者が内容をしっかりとご説明させていただきます。

ラストコンシェルジュ